ITスキルも性別も関係ないだれにでもわかりやすいが自慢のWordPress School

個別指導のWordPress Schoolデモサイト(STINGER PLUS2)

バックアップ方法

WordPressのバックアップ方法

投稿日:

WordPressのバックアップ方法。

やり方は色々あります。
・ツールのエクスポートを使う
・FFFTPソフトを使う
・プラグインを使う
・テキストなどにコピーする

大体こんな感じでしょうか。

私の場合、エクスポートかFTPソフトを使っています。
スタイルシート等を触る場合には、スタイルシートだけ
コピーして、テキストに貼りつけておくと言う方法を
使っています。

そもそも、データが飛ぶって事が以前に比べると格段に
減ったので、あまり心配していません。
サーバーのトラブルも減りましたしね。

それでも、WordPressやテーマ、プラグインの更新などで
データがおかしくなる危険性はあるので、バックアップは
とっておいた方が断然いいです。

 

一番簡単なのは、WordPressのツールでエクスポート
(取り込み)する方法。
ソフトも何もいらないので、これが一番楽です。

「ツール」→「エクスポート」

エクスポートのページで、エクスポートする項目が選べます。
面倒なら「すべてのコンテンツ」を選んで、「エクスポート
ファイルをダウンロード」をクリック。

パソコンのダウンロードファイルにダウンロードされて
います(パソコンの設定によっては違う場所にダウンロード
される場合もあります)

↑を見ると、日付入りでファイルが作成されています。
これでOK。
万が一の為に、定期的にバックアップしておきましょう。

 

 

次は、FTPソフトを使ってのバックアップの方法です。

FTPソフトは窓の杜やVecterから入手する事が出来ます。
私はいつも窓の杜です。

窓の杜 FFFTP

窓の杜に行くと、32bitか64bitの2種類があります。
おもちのパソコンを確認して、該当する方をダウンロード
して下さい。

確認方法は「マイコンピューター」を右クリック→プロパティ。

↑の様な画面が出てきますので、その中ほどの「システムの
種類」に、そのパソコンが何bitか表示されています。

ダウンロードしたら、インストールします。
設定方法などは、Xサーバーで図入りで詳しく解説してるので、
そちらを参考になさってください。

Xサーバー FFFTPの設定

FFFTPはドラッグするだけでアップロードやダウンロード
出来るので便利です。

バックアップしたデータは、Zipなどに圧縮し、日付などを
入れて管理しておくとわかりやすいですね。
心配なら、クラウド上や外部記憶装置などに保管しておけば、
より一層安全でしょう。

FFFTPソフトはバックアップ以外にも使える非常に便利な
ソフトなので、持っていて損はありません。

 

また、スタイルシートやテーマの編集などでカスタマイズする時は、そのスタイルシートだけをコピーしてテキストなどに貼りつけて置く方法が手軽です。

例えば「テーマ」の「テーマヘッダー」を編集する場合、
「テーマヘッダー」を全てコピーして、テキストに貼り
つけておくと、失敗してもテキストからコピペすれば
済むので、全体のバックアップを取るよりは簡単です。


(↑で選択した部分をテキストにコピペ)

シートにGoogleアドセンスのタグを入れる場合などは、これで
十分です。

 

昔に比べたらトラブルは減りましたが、万が一の時に
備えて、定期的なバックアップは必ずしておきましょう。

この記事を書いたのは私です

ビジネス慶WordPress Schoolメイン講師
リストラで先輩社員への仕打ちを目の当たりにして会社への信用が崩壊し、脱サラしました。
ネットビジネスに将来性を感じて飛び込み、その間にWordPressのテーマを作っている師となる方に出会いました。
現在はネットビジネスで生計を立てつつ、初心者向けのWordpress Schoolを開催しています。

-バックアップ方法

Copyright© 個別指導のWordPress Schoolデモサイト(STINGER PLUS2) , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.